ベルギープルミエルリネン使用 ワッシャー加工のハーフリネンダンガリー 赤×オフ (2143-83)

価格: ¥990 (本体 ¥900、税 ¥90)
[ポイント還元 9ポイント~]
メーカー: ワッシャー加工 ダンガリー ハーフリネン ベルギーリネン 夏の服地 ハンドメイド素材 生地 服地 通販 江戸ッ子
型番: 2143-83
数量: x50 cm
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

【素材】綿:45% 、麻:55%
【生地巾】112cm
【価格】1m当たり1800円(税抜き価格) 50cmあたり900円(税抜き価格)
【販売単位】50cm(900円)単位でのカットとなります。  必要数を半角数字で入力して下さい。
【ご購入例】例えば2mをお求めの場合は半角で「4」、15mの場合は半角で「30」とご入力頂く形となります。
【お買い上げの前に!】
長い年月定番として続いている商品は生産ロットによって色の違いが生じてきます。そのため、掲載されている写真と若干色眼が異なる可能性があります。また、追加でご注文を頂いた際には以前お買い上げ頂いた色目と異なる可能性があります事、ご了承ください

商品説明

ベルギープルミエルリネン使用 ワッシャー加工のハーフリネンダンガリー 赤×オフ。ふんわりとしたワッシャー加工が施されたハーフリネンのダンガリーです。ハーフリネンですが、麻が55%!しかもベルギー産のリネンを使ったプレミアム感たっぷりのハーフリネンです。ダンガリーの説明につきましては別項をご覧ください。従来の明るい糸を使ったダンガリーの他に茶やカーキなどのサマーダークなカラーの構成で全部で10色展開となります。(メーカーさんの都合扱う色の数が変わる可能性があります)ワッシャー加工が施されているのでブラウスシャツをはじめワンピースなどにもオススメです。もちろん、バッグなどの手芸にも使えますよ!

商品仕様

製品名: ベルギープルミエルリネン使用 ワッシャー加工のハーフリネンダンガリー 赤×オフ
型番: 2143-83
メーカー: ワッシャー加工 ダンガリー ハーフリネン ベルギーリネン 夏の服地 ハンドメイド素材 生地 服地 通販 江戸ッ子
区分: 新品

【ダンガリーて?】
一昔前までは、ダンガリーと言えばデニムパンツに着るシャツというイメージでした。
(ここではブルーのダンガリーを前提としたお話となります)
ダンガリーはインディゴ・ブルーの糸と白色の糸で織った織物です。
シャンブレー効果であの淡いブルーを現しているんです。
シャンブレーとは、たてよこ違う糸を使う事で単色では出せない独特の色を現す方法です。
※シャンブレーは生地の名前としても使われます。
たて糸に晒糸、よこ糸にインディゴブルーの糸を使った平織の生地がダンガリーとなります。
ちなみに、たて糸にインディゴブルーの糸、よこ糸を晒糸で織った生地がデニムなんですよ。
ですからデニムとシャンブレーは兄弟みたいなものなのです。

と、ここまでが本来のダンガリーのお話。
余談です。
実はもっと昔はダンガリーって綾織だったんです。
上記でお話をしたダンガリーについてはアメリカではデニム・ダンガリーと言ったりもします。

厳密に言うとこの素材はダンガリーとは言えないのかもしれませんね。
綿の平織ではない。
インディゴじゃない。
本当は綿麻(ハーフリネン)のシャンブレーと表現するのが正しいのかもしれませんが、生地は時代とともに定義も変化していくのでダンガリー通します(^^♪
用途としてはシャツなどが中心となりますが、パンツに使ったりエプロン、バッグなどの手芸にも使えます

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

店長日記

こんにちは。
江戸ッ子の若旦那です。

名前の通り老舗生地屋の4代目(予定ですが・・・)なのです。
血は争えないもので、気が付けば生地が好きで好きでたまらない人間になっていました。
若旦那の見付けてきた生地や、スタッフのこだわりの生地など中心に掲載をしていきます。

皆様に生地や手芸の愉しさをお伝えできれば、それが若旦那の願いです。

生地をお探しの方、作り方が解らない方など、お電話、メール、FAXなんでも結構です
「若旦那いる?」とお気軽にお尋ね下さい。

若旦那をはじめ、生地専門のスタッフ、手芸用品スタッフ、洋裁教室の講師など様々なプロが出来うる限りお応えさせて頂きます。

=追記=
Boite a coutureをご愛顧頂いたお客様。
2018年9月1日より、本来の屋号である江戸ッ子に改名しました!
Boite a coutureがオープンした12年前はネットショップの持つ役割はただ販売することでした。
今ではリアルタイムに情報を発信する事が出来ます。
このサイトを通じて、販売だけでなく江戸ッ子そのものをお伝えしていきたいですね。

現在店長達もSNSを一生懸命勉強してます。
今後各店舗の情報も色々開放して行く予定です。
店長日記はこちら >>

ページトップへ